トップ > フェイシャルエステの基礎知識 > フェイシャルエステで使われる専門用語

フェイシャルエステで使われる専門用語

エステは、より私達の生活に身近になってきましたね。
エステにはいろいろな種類がありますが、「フェイシャルエステ」は手軽に受けることができるお顔のエステです。

雑誌や新聞でもフェイシャルエステがよく取り上げられていますが、カタカナの専門用語がとても多いですよね。
よく一般的に使われているフェイシャルエステの専門用語をここで見てみましょう。

・キッシング、吸引
専門機器による施術の専門用語です。
ガラス管を毛穴部分にあてて、吸引機能のついたマシンで皮膚の深部にある汚れを吸い出します。
あごや小鼻などせまい部分には小さめの管、頬やおでこなど広い部分には大きめの管を使います。

・スチーム
お肌全体に温かい蒸気を当てながら専門機器で施術していきます。
毛穴は、顔の血行を促進すれば自然と開いてきます。
このようなスチームはエステサロンでよく利用されていましたが、使う化粧品によっては使用しないサロンも最近では増えてきています。

・デコルテ
「首から胸元まで」の部分を指します。
多くのエステサロンでは、フェイシャルエステを頼むとお顔以外にデコルテまで施術してくれます。
ネックレスなどは施術を受ける前に外しておき、さらに首の開いた服を着ていくとよりベターです。

・マスク
一般的には、パックといいます。
フェイシャルエステのメインは、やはりここですよね。
サロンの数だけマスクの種類があるといっても過言ではないほど、マスクにはさまざまな種類があります。

・石膏パック
パックのうちの1種類です。
「水分を加えると発熱する」というのが石膏の性質ですが、これを利用した温かいパックです。
密閉効果と温熱効果があるので老廃物や顔のむくみがとれて、施術後には爽快感を味わうことができます。

このページのカテゴリーは「フェイシャルエステの基礎知識」です。
フェイシャルエステを中心に、エステサロンに関する基礎知識を解説しています。
まずはここを読みましょう。
関連ページ

フェイシャルエステとは

「フェイシャルエステ」は、「エステ」といって最初に思い浮かべるものではないでしょ...

フェイシャルエステで使われる専門用語

エステは、より私達の生活に身近になってきましたね。 エステにはいろいろな種類があ...

サロンで行う「クレンジング」

フェイシャルエステをサロンで受ける時は、「クレンジング」を最初に施してもらいます...

サロンでの「カウンセリング」

サロンでフェイシャルエステを初めて利用するときに行うのが「カウンセリング」です。...